(10)添付ファイルのサイズに注意する


■出来れば100kb以下の添付ファイルに抑える

添付ファイルに1Mを超えるような重いデータを送信する場合、
場合によっては、相手に迷惑ととられてしまう場合がありますので注意が必要です。
相手のインフラ状況によっては、受信に時間がかかりすぎて受信出来ない場合もあります。
できれば、100kb以下にするのがベストです。

■重いデータは圧縮する

どうしてもデータが重くなってしまう場合、せめて圧縮処理しましょう。
そうすると、データによっては半分以上データが軽くなります。

■お勧めの圧縮・解凍ソフト

LHAユーティリティ32
LZH形式の圧縮、LHA、ZIP、CAB、TAR形式の解凍ができるアーカイブユーティリティ。
エクスプローラの右クリックメニューが拡張され、ファイルやフォルダの右クリックメニューから
直接圧縮することができる。
実際に使用するには、実行ファイルの他に、UNLHA32.DLLなどの外部DLLが必要。

+Lhaca
ドラッグ&ドロップ操作でLZH/ZIP形式の圧縮・解凍ができるLhasa風の圧縮・解凍ソフト。
デスクトップやエクスプローラから「+Lhaca」のアイコンに圧縮ファイルをドラッグ&ドロップすると解凍を、
圧縮ファイル以外のファイルをドラッグ&ドロップすると圧縮を開始する。
外部DLLが不要で「+Lhaca」をインストールするだけですぐに利用できる。

 

 

メールマナー|送信前に本文を読み返す