(8)メールアドレスの取り扱いに注意する


■多人数宛てに同時にメール送信しない

同じメール本文で送る場合、送信先にいろいろな人のメールアドレスを入れて、同時に送信することがあります。
これが、みんなお互い知り合いであればいいのですが、知り合いでないのであれば、大変です。
なぜかというと、全員に送信先(メールアドレス)が見れてしまうからです。
個人情報を保護する意味でも、多人数同時送信は避けましょう。

■メール本文は公開してはダメ

自分のホームページやブログなどに、本人の了承なしにメールアドレスやメール本文を公開してはダメです。
メールアドレスでそれをやってしまうと、メールアドレス自動収集プログラムでメールアドレスを
悪意を持ったアドレス収集家に拾われてしまいます。
その後は、迷惑メールがたくさんくるようになってしまいます。
もし、公開する必要があるのであれば、テキストで書くのではなくて、画像にして掲載するか、
@を大文字にして掲載し、横に『@を小文字に変えて送信して下さい』と一言書いておきましょう。
また、メール本文も了承なしに公開すると、相手側は、けっして良くは思いません。
重大なマナー違反です。

 

 

メールマナー|引用を利用するメールマナー|メールの送信前に本文を読み返す