(4)署名を利用する


■署名はあらかじめ作成しておく

署名というのは、下図のようにメールの一番下に記載する手紙でいう差出人にあたるものです。
最低でも名前[HN]とメールアドレスを明記して下さい。
この署名の作成は、メールソフトの機能にあり、一度署名を作って保存してしまえば
メールを送るたびに、毎回同じ署名を挿入することが出来ます。
また、ビジネスで使う場合は、電話番号、FAX番号等も明記しておく必要があります。

■メールの種類により署名を使い分ける

メールソフトの機能で、署名はいくつも作っておくことが可能です。
使い分けは、どういった立場でメールを送るかによります。
特に、仕事とプライベートでは、分けるべきですね。


 

メールマナー|自分の名前を名乗るメールマナー|見やすいメールとは